セブ島留学のMAAS留学 TOP

>

セブ留学の魅力

セブ島留学の魅力

日本から最も近い英語圏

日本からセブへは飛行機で直行便でわずか4時間です。
アメリカやオーストラリア、ハワイなどに比較すると、移動時間も半分以下!
フィリピンなら、日本からいちばん近い英語圏の国で英語留学が実現できます。
短時間で行けるフィリピンなら、1週間の短期留学でも十分可能です。

もう一度言いますよ。日本からセブは

たったの4時間です。

圧倒的なマンツーマンレッスン

フィリピンの多くの学校では一日4時間~6時間のマンツーマンレッスンが行われています。
内容も学生の希望に沿って適切なテキストで取り組む事が出来ます。
外国人講師とのマンツーマン授業は、英語に初めて接する学生や
英語を体系的に勉強する学生にとっては、文法の基礎を固め会話の自信とリズムを身につける良い機会となるでしょう。
また、近年、日本の生徒から需要のある試験(TOEIC、TOEFL、IELTS等)対策の授業のバリエーションも豊富です。

また、日本人は英語の訛りに特に敏感です。
インド人が他国で3ヶ月過ごしたとして、はたしてその国の英語の訛りが身に付くでしょうか?
フィリピン訛りもそれと一緒です。
語学習得の場合は特に発音の習得において最も影響が大きいのは、
実はどこで学ぶか、誰から学ぶかではありません。
最も影響するのは母語です。日本人が英語の発音を学ぶとき、母語である日本語が最も影響します。
日本人はどこで英語を勉強しようと、日本人訛りの英語になります。
フィリピンで学んだからフィリピン訛りの英語になるわけではないのです。

留学費用は欧米留学の1/2

留学を考える時、やはり一番の問題となるのが費用。
「費用が高いから、あきらめるしかない」という人も多いと思います。
しかし、セブ島なら大丈夫です。留学費用は欧米留学の約2分の1。
もちろん、低コストだから内容が乏しいということもありません。
セブ島はどの語学学校も欧米留学に比べて授業数が多く、費用対効果に優れています。
さらに日本の英会話学校や欧米留学では、マンツーマンレッスンを受ける場合、
時間単位での追加費用が必要ですが、セブ島留学は授業自体がマンツーマンで行われるので、
当然追加費用もかからず英語を学べます。

食事代・宿泊代すべて込み!

基本欧米留学は授業料と生活費が別で宿泊場所も確保しないといけないケースがあります。
フィリピン留学はどの語学学校も徒歩数分の場所に学生寮を併設しています。セキュリティ上も安心です。
宿泊代や土・日を含む1日3度の食事代も掃除や洗濯などのサービス代も、すべて留学費用に入っています。
1ケ月の留学費用が11万くらいからという価格でとてもリーズナブルです。

  • フィリピンの食事
  • フィリピンのフルーツ
  • フィリピンの食事

南国のリゾート

世界有数のリゾート地として有名なセブ。 セブ島は首都マニラから南へ562kmに位置し、フィリピン諸島のほぼ中央に点在するビサヤ諸島の中心で、周囲を他の島に囲まれるように存在します。 1521年にマゼランが初上陸したのがセブで、フィリピン・キリスト教発祥の地として最初に街づくりが行われた“フィリピン最古の都市”でもあり、古い教会や数百年前の城塞など、歴史の深い建造物なども見られます。 セブ州の州都、フィリピン第2の都市として、ITパークやビジネスパークなど、一部目覚ましい発展を遂げている場所もありますが、全体的にはまだまだのどかな田舎町です。 リゾートホテルなどはセブシティの中心地から車で1時間程の場所にあるマクタン島に集中しています。 ほとんどの場合、留学学校自体がビーチのすぐ近く、というわけではありませんが、週末には、ダイビングやアイランドホッピングなどリゾートならではのアクティビティが楽しめます。

説明会お申込み・資料請求はこちら

お問い合わせ

説明会お申込み

資料請求



背景画像