セブ島留学のMAAS留学 TOP

>

よくある質問

よくある質問

フィリピンの英語のレベルを教えてください。

フィリピンはアジアの中で最も英語が使われている国です。現地の人たちはほとんどの人が英語を話せます。厳しい審査基準をクリアした先生たちの英語は、訛りもほぼなく、とても聞き取りやすいです。また、フィリピン訛りがうつるんじゃないかという心配はまったくいりません!日本人は基本日本人特有の訛りがあるので、どこで英語を学んでもうつることはほぼありません。

フィリピン留学の安さの秘訣は何ですか?

フィリピン留学の費用は欧米留学よりもはるかに安いです。その安さの理由は物価と人件費にあります。物価は日本の数倍も安く、人件費も格段に安いです。そのため留学費用が安く済むのです。やはり安いとそのクオリティに不安を感じると思います。しかし、語学英語学校の講師陣はしっかりと選び抜かれた人材で、英語の訛りもほぼありません。しっかりと大学を出ている先生たちなので、心配なく英語の勉強ができるのです。寮や食事なども、すべて料金に含まれているので、費用を安く抑えたい人たちにはピッタリの場所です。

フィリピン留学でどのくらい上達するものですか?

初めて留学する人は一般的に2カ月位経ってから急成長する人が多いといわれています。これは耳が英語に慣れてくるので、リスニングが出来るようになり、そこから会話がスムーズに出来るようになると言われている為です。もちろん、元々のレベルや本人の努力次第で個人差はありますので、英語で積極的に会話をしていきましょう。

学校の食事はどのようなものですか?

英語学校ごとに特色があります。基本的に日本資本の学校は日本料理、韓国資本の学校は韓国料理がメインです。もちろんフィリピン料理が出ることもあります。最近は日本人留学生が増えていることもあり、韓国資本の学校でも週に1度は日本食の日があったりするなど、食事は改善されてきています。もし韓国料理などの辛い料理が苦手な方は、ふりかけや日本の調味料を持っていくといいでしょう。また、英語学校の近くには食堂やレストランなどもありますので、万が一学校の食事が合わなければそちらで外食することもできます。

英語学校はどのように選んだら良いですか?

「日本人が少ない学校」「全体の生徒数が多い学校」「規則が厳しい学校」など、学校の特色は色々ありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。その為、各学校のメリット・デメリットをしっかり確認した上で、お客様の目的に合った学校を選ぶと良いでしょう。ご相談頂ければ、弊社スタッフがお客様のニーズに応じて最適な学校を提案させて頂きます。

学校の寮以外の場所から通う事は可能ですか?

ほとんどの学校では、寮に滞在して頂くことが原則となっております。もし寮以外の場所から通いで勉強したい場合は、通いが可能な学校を紹介させて頂きます。しかしその場合は、万が一学校外で何かあった場合でも自己責任となりますのでご注意ください。そのため、まずは学校の寮に滞在して頂く方がおすすめです。

英語学校の途中で転校は可能ですか?

英語学校によって、転校に関してのルールが異なります。事前にチェックして英語学校を選びましょう。計画的に転校をご希望される際には申込み時に2つの英語学校に留学の手配をいたします。また、同校でのキャンパスの移動は、部屋や先生の空き次第で可能です。

留学中に留学の延長は出来ますか?

留学の延長は可能です。ただし、お部屋の空き状況によっては延長できない場合があります。繁忙期はお部屋が空いていないというケースも珍しくありませんので、出来るだけお早めに学校にお申し出ください。また、現地から弊社にお問合せ頂ければ迅速にご対応させて頂きます。

TOEICの試験は受けれますか?

英語学校でTOEICの公式試験場になっている場所もあります。通常は各英語学校から受験の申込ができますので、申込み後、公式試験場へ行って受験して頂く流れになります。


最初に支払う費用以外にはどの位お金がかかりますか?

留学費用には授業料、寮費、食事代、洗濯代などが含まれています。他には部屋での電気代、水道代が使った分かかりますので注意しましょう。フィリピンの電気代はアジアでトップクラスの高さです。部屋にいる間ずっとクーラーをつけていたり、ホットシャワーを長い時間使っていると日本の電気代以上に掛かる場合もあります。ルームメイトがいる場合は、基本的にこれらの料金は折半になります。また、週末の過ごし方次第で上記以外の費用はだいぶ変わってきます。いくら物価が安いといっても、毎週ビーチや買い物や高級レストランに行ったりすればお金は掛かります。自分の生活スタイルや目的に応じてお小遣いは準備しましょう。

参考)費用に関してはこちら

セブ島までの行き方を教えてください。

主な行き方は3通りあります。日本からセブ島への直行便、マニラ経由の便、韓国・香港など第三国を経由して入国する便の3つです。それぞれ料金や要する時間が異なります。また空港によって扱っていない場合もありますので、ご利用する空港、ご予算、日程などでどの便で渡航するか判断されると良いでしょう。

参考)飛行機チケットに関してはこちら

セブ島の治安をおしえてください!

セブは首都マニラに比べて比較的安全な地域です。しかし、やはり発展途上国なので日本に比べたらまだまだよいとは言えません。外出時は最低限のお金のみ、高価なスマホやカメラなどは極力持ち歩かない、移動はタクシーを利用する、夜間に一人で出歩かないなど、自分自身の判断が必要となります。

インターネット環境について教えてください。

各英語学校にWifiはありますが、英語学校によって寮の部屋でも使えたり、限られたエリアでしか利用できないなど様々です。ショッピングモールにあるレストランやカフェでもほとんどWifiが利用できます。速度はとても速いとは言えませんが、普段生活する分には問題ありません。

セブでお金に関する被害はありますか?また、対処法があれば教えてください。

普段の生活で身の回りに注意を払っておけば、被害に遭う可能性は少ないでしょう。ただし、学校やエージェントから危険と言われているエリアに行ったり、乗り物に乗ったりした場合に起こることが多いです。良くある例では、移動の時にジプニーという乗り物を料金が安いので使う人がいます。 しかし、その分窃盗や強盗の被害を受けたというニュースも良く聞きます。移動の際は必ずタクシーを利用しましょう。危険だと言われていることをしないだけでも、リスクはかなり減らすことが出来ます。


現地での連絡手段はどうしたらよいですか?

現地で携帯電話を購入するのがおススメです。安いもので600ペソ(約1300円)位から売っています。日本のスマートフォンは、SIMフリーにしないと利用できません。(wi-fiは利用可能)盗難などのリスクを考えると、普段は現地で購入した携帯電話を利用する方が良いでしょう。

日本から持って行った方が良いものはありますか?

日用品はショッピングモールで全て購入できるので心配はいりません。家族や友人と連絡をとるために、ノートPCやスマートフォンなどは持ってきた方が良いでしょう。洋服は洗濯などで色褪せ等が考えられますので、お気に入りのものだけではなく、色褪せしても問題ない服を持ってきた方が良いと思います。また筆記用具も現地で購入できますが、日本よりも質はだいぶ落ちてしまうので、できる限り持参された方が良いでしょう。

参考)その他の持ち物に関してはこちら

病気になった場合の対処法を教えてください。

英語学校ごとに専属の看護師が常駐しておりますので、まずは彼らに相談をし治療が必要性があれば病院に向かいます。万が一のため、海外保険に加入することを強くおすすめします。加入せずに現地で風邪や病気、事故、紛失などが起こっても、すべてご本人様のご負担となりますので海外保険には加入するほうが安心です。

留学保険の加入は必要ですか?

留学期間中の海外保険で風邪や病気だけではなく、私物を盗難されたり紛失したりした場合も補償されるので加入を強くおすすめします。何かあった際に病院に行かざるを得なかった場合、高額な医療費を請求される場合がありますので加入するのが安心です。

ビザについて教えてください。

基本的に必要な費用を英語学校のオフィスで払うだけで大丈夫です。しかし卒業後はそのまま旅行などで滞在する場合は、各自で行っていただきます。英語学校に通う皆様はSSPの取得が義務付けられています。SSPとは「Special Study Permit」の略で、観光ビザで入国した外国人がその英語学校で勉強することを政府が認めるために必要なビザになります。フィリピンで勉強する場合は、期間に関わらず必ず取得しなければなりません。有効期限は6か月間で、6か月以上の留学で期限が切れた場合は再度申請が必要です。費用は約6000ペソ(約15000円)になっています。また、ACR I-Card(外国人登録証)も必要になります。観光を目的としてフィリピンに長期滞在する方、または短期間でも留学や就業する外国人に対して取得が義務付けられている外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card,ACRI-card)のことです。これは移民局に登録された外国人のフィリピン法的居住資格の証拠として活用され、フィリピンを訪れる外国人の監視を強化し、簡単に身元の証明を行えるものとなる身分証明書になります。取得が必要な方は、60日以上フィリピンに滞在する全ての外国人で、SSPを取得する場合は、60日間の滞在でも申請しなければなりません。よって、基本的に語学英語学校の学生はSSPを取得するため、ACR-Iカードは申請しなければなりません。取得費用は、3,000ペソ(約6,000円)となり、こちらも英語学校側が入学後に代行手配してくれます。

外出先などでトラブルが起きた場合には誰に相談すればいいですか?

まずは英語学校のマネージャーに連絡をしましょう。または弊社のスタッフも現地セブにいますので、連絡をいただけたらできる限りフォローさせていただきますのでご安心ください。

お金の両替はどこで行えば良いですか?

各ショッピングモール内、銀行や空港内などに両替所がありますので、そこで両替することができます。また海外での引き出しに対応しているクレジットカードや国際キャッシュカードがあれば、手数料は掛かりますが現地のATMでおろすこともできます現金をあまり持参して渡航したくない方はこちらを利用するのも良いでしょう。

参考)お金に関してはこちら

日本の充電器などはそのまま使えますか?

基本的にPCやデジカメなどはフィリピンの電圧に対応しています。プラグは日本と同じ形状が一般的です。しかし、フィリピンの電圧が220ボルトで日本と異なるので、220ボルトに対応していない電化製品は変圧器が必要になります。一般的にドライヤーは電力が大きいので変圧器は使わない方が良いです。そのためドライヤーは現地で購入する、あるいは日本で220ボルトに対応しているドライヤーを購入してください。電化製品で確認する所は右記の様な記載です。→「INPUT:100-240V~50-60Hz」ちなみに変圧器はtransformerと言います。コンセントは和製英語なので通じません。

スキューバダイビングなどマリンレジャーを
楽しむことはできますか?

もちろんできます♪スキューバダイビングやアイランドホッピングのツアーもたくさんあり、現地で安くダイビングの免許を取ることもできるので、海が好きな方にはおすすめです。

説明会お申込み・資料請求はこちら

お問い合わせ

説明会お申込み

資料請求