セブ島留学のMAAS留学 TOP

>

初めてセブ留学する方はこちら

初めてセブ留学する方はこちら

費用について

1.全体的な費用

留学費用は欧米留学の約1/2~1/3
セブ留学にかかる費用は、欧米留学に比べて約1/2~1/3で留学することもできます。
欧米に比べて物価が安いことが理由として上げられます。
留学生活も3食付 の学生寮に滞在できる為、生活費もほとんどかかりません。

また、フィリピン留学の特徴はマンツーマンレッスンの多さです。
欧米では4対1や8対1のグループレッスンがほとんどですが、フィリピンでは人件費が欧米に比べて安い為、この価格で多くのマンツーマンレッスンを受ける事が可能です。
この様に、コストパフォーマンスの良い所もフィリピン留学の魅力なのです。

また、食事のみならず、掃除・洗濯も料金に含まれるため、留学される方は英語の勉強のみに集中することが出来ます。
この費用でそれらの英語学習に最適な環境を得られるのが、フィリピン留学人気の最大の理由のひとつです。

寮生活以外で使う金額は人それぞれ異なりますが、少ない人で月2万円位から、多い人で月10万円位使っている人もいます。
(例)※あくまでも参考であり、金額を保証するものではありません。

●A君:あまり外出はせず、外食もたまにする位。勉強に集中した。→月2万円位。

●Bさん:週末ほどほどに遊び、近場へ日帰りの小旅行などをした。→月5万円位。

●C君:平日も週末も出来るだけ外で現地の人と交流した。また、週末に泊まりがけで旅行なども行った。→月10万円位。

2.飛行機チケット

日本からフィリピンのセブ島へは多くの航空便が就航しております。
予算、スケジュール、ご利用する空港等によってどの航空会社が最適か変わってきます。

主に下記3つの航路がありますが、費用は渡航時期や航路によって異なります。
詳細を簡単にご説明いたします。

①フィリピンへの直行便
主にマニラ経由の便とセブへの直行便の2通りあります。成田空港からセブへは4時間程度のフライトで到着します。

②第三国経由の航空会社(韓国、香港経由など)
日本から第三国を経由してフィリピンに入国する場合は、大韓航空とアシアナ航空を利用して韓国からセブに到着する経路とキャセイパシフィックを利用して香港からセブに到着する経路があります。
直通便よりも多少安い便はありますが、長時間を要する為あまりおススメしておりません。

③LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)
日本からフィリピンには、セブパシフィックとジェットスターといういわゆるLCCが利用できます。
セブパシフィックは関空からマニラ、ジェットスターは成田からマニラ、関空からマニラの航路があります。
どちらもマニラからセブへと乗り換えが必要です。最も安い便ですが、乗換時間が長いケースが多いです。場合によっては空港で宿泊するケースもありますので、あまりおススメはしておりません。

※空港利用税について
フィリピンでは空港利用料を現金で支払います。
国際線は550ペソ(出国の際に必要です)、国内線は空港によって違いますがセブ島-マニラの空港税は200ペソです。
マニラ→セブ間の移動の際は空港税はチケット代金に含まれます。セブ→マニラの移動の際には現金で200ペソを支払う必要があります。
事前に現金を準備しておけばスムーズにチェックインできます。

※弊社では航空券の手配は行なっておりません。

セブ留学の主な費用(1ケ月留学をした場合)
項目 費用
入学金 10,000円~15,000円
授業料(寮費含む) 約100,000円~150,000円
航空券(時期により異なる) 約60,000円~
保険(保険によって異なる) 約8,000円
教材費 約5,000円
SSP 約15,000円

説明会お申込み・資料請求はこちら

お問い合わせ

説明会お申込み

資料請求