セブ島留学のMAAS留学 TOP

>

初めてセブ留学する方はこちら

初めてセブ留学する方はこちら

渡航について

セブ渡航前の準備
パスポート 期限が滞在日数+6か月残っているかご確認お願いいたします。 万が一紛失した場合に備えて、コピーもご用意ください。
往復航空券 フィリピンへは、フィリピン出国のチケットがないと入国できません。 必ず帰路のチケットまたは第三国への出国チケットをご準備ください。
現金 現地支払いのVISA延長費、SSP、お小遣い、教科書などを購入するために現金をご用意ください。 空港の両替所はレートが悪いので、出発前に2~3万円ほどペソに換金していくか、 現地到着後にショッピングモールで両替ができます。 基本は入学初日に各学校のオリエンテーション後にショッピングモールで両替をしますので、 円のみでも問題ないですが、少額でもペソを用意していくと安心です。
クレジットカード 留学期間が長く、多額の現金を持っていくのが不安な方はクレジットカードを持っていくとよいでしょう。 クレジットカードからのキャッシングもできますし、ショッピングモールで買い物もできます。 しかし意外とクレジットカードが使えない場所も多いです。
国際キャッシュカード 現金を多額持っていくのは安全面でもおすすめしません。 国際キャッシュカードがあるととても便利です。 シティバンク、新生銀行のカードは、日本円の残高をペソで降ろせるのでおすすめです。
海外旅行保険 環境の違いや天候の差で体調を崩す生徒さんがとても多いです。 海外保険未加入の場合は、病院代、薬代が全額自腹になってしまいます。 海外保険は通院、事故、私物の紛失などに対応しているため、必ず加入をお願いいたします。
住民票 SSPを申請する際に必ずではありませんが、提出を求められる場合がありますので、念のためご用意ください。
電子辞書 授業を受ける際に必ず必要です。持っていかなかった方は現地で購入した方もいますので、ご用意ください。
日本語参考書 現地では日本語の英語参考書が売っていないため、自分が愛用している参考書、または文法の参考書があると便利です。
筆記用具 現地でも手に入りますが、やはり日本の質の方が断然よいです。ノートやペンなど持っていくことをおすすめします。
羽織物、パーカー セブは一日中夏ですが、学校内やショッピングモールなどの室内はエアコンがガンガン効いています。 薄手のパーカーやジャケットなどの羽織物を持ってくることをおすすめします。
衣類 動きやすく、痛んでもいいような夏服を持っていくことをおすすめします。 また、学校のサービスであるランドリーでは、稀に破れてしまったり紛失してしまったりするケースがありますので、高価な服やお気に入りの服は自身で洗濯すると安心でしょう。 日差しが強いので洋服は本当に痛みやすいです。できるだけ高価な服は避けましょう。
靴、サンダル 動きやすいクロックスやサンダルがあると便利です。道が悪いので、高すぎるヒールなどは危険です。
基礎化粧品 日頃から使っているものがあれば持参することをおすすめします。
水着 キレイな海が多いので絶対必要です!
カメラ、パソコン どちらも基本海外の電圧に対応していますので利用できます。学校内やレストランではWIFIが飛んでいますので、基本ネットが利用できます。
メガネ、コンタクト コンタクトレンズは多めにもって行った方が良いでしょう。洗浄液も日本のものが安心です。
日焼け止め 日差しが強いのですぐに焼けてしまいます。現地でも購入可能ですが、日本と値段が変わらないので日本製のほうが安心です。
薬、サプリメント 常用しているもの、風邪薬や下痢止めなどは持っていると安心です。
トイレットペーパー、生理用品 現地ではトイレットペーパーは置いてません。毎回トイレに持っていく必要があります。また、現地のトイレットペーパーは流せないので注意が必要です。 ナプキンは現地で安く購入できますが、タンポンは売っていないので持ってくることをおすすめします。
折りたたみ傘 現地でも購入できますが、日本製のものが安心です。
調味料、ふりかけなど 韓国資本の学校などは基本韓国料理がメインなので、苦手は方はふりかけなどの調味料を持参するとよいでしょう。
海外旅行保険(海外旅行障害保険)に関して

海外では病気やけがで日本より高額な医療費がかかることがあります。もし入院する場合も先にデポジットを支払い、そこから治療費や入院費が引かれていくシステムですので、支払えない場合は治療できないといったケースもあります。
その為、日本で海外旅行保険の加入をされてセブに渡航する事をおすすめ致します。
加入する際には、帰国後に精算するタイプの保険ではなく、現地でキャッシュレスで診療を受けることができる保険に加入しておいた方が手続きに時間も取られないので良いでしょう。
おすすめは三井住友海上保険、ジェイアイ、損保ジャパンなどです。帰国後に精算するタイプの保険で代表的なものは、AIU保険です。
また、セブドクターズホスピタルには日本人向けに設置された『ジャパニーズヘルプデスク』があります。
病院のシステムが日本とは異なりますので、出来る限りご利用されることをおすすめ致します。

パスポートについて

フィリピン渡航時のパスポートの注意点として、フィリピン入国時に、
「滞在日数+6ヶ月以上」の残存有効期間が必要です。
有効期間が足りない場合は、新しいパスポートに切替発給の申請をする必要があります。
パスポートは申請から受領まで1週間程度かかります。渡航が決まりましたら、早めに申請することをおすすめします。
申請方法については下記外務省ホームページのURLからご確認ください。
パスポートの申請から受領まで
全国のパスポートの受領窓口

説明会お申込み・資料請求はこちら

お問い合わせ

説明会お申込み

資料請求